alms.dev

Aidemy の開発者ブログです。

きめ細やかな学習管理が可能に - 進捗 CSV エクスポートの強化

f:id:aidemy-blog:20210913111657p:plain

きめ細やかな学習管理が可能に - 進捗 CSV エクスポートの強化

新機能 - 進捗 CSV エクスポートの強化

2021年7月20日にリリースされた Alms WEB:v4.9.5 より,メンバーの進捗 CSV データで以下の2つのデータを新たに出力できるようになりました.

  1. 各コースの難易度

  2. 各コースの ID

きめ細やかな学習管理が可能に

Alms で利用可能なコースにはそれぞれ 1 - 4 の4段階で難易度が設定されており,またコースごとに固有の ID  が割り振られています.例えば「Python 入門」というコースの難易度は1で,コース ID は 3010 です.

f:id:aidemy-blog:20210910173418p:plain

きめ細やかな学習管理

今回の機能追加により,新たにこれら2つの情報を進捗 CSV に出力できるようになりました.この新機能により,進捗 CSV を使ったよりきめ細やかな学習管理が可能になります.

コースの難易度

従来までの進捗 CSV では,受講を完了したコースの数が出力されており,それを使用したユーザごとの進捗評価が可能でした.このたび新たに「受講完了したコースの難易度」が進捗 CSV で利用できるようになったことで,例えば受講完了したコース数を難易度で重み付けするような,より柔軟できめ細やか評価が実現できるようになりました.

コース ID

既にエクスポート済みの進捗 CSV のデータが手元にいくつかあるとき,これまでファイルを跨いだコースの突き合わせのキーとしてコース名が利用可能でした.このたびコース ID を進捗 CSV に含めてエクスポートする機能がリリースされたことで ID をキーとした集計が可能になり,これまでよりも便利でシンプルなデータ集計が可能になりました.